ネイルデザインつけ放題メニューについて

画像の持ち込みデザイン

こだわりやさんのお客様は持ってくる方もいますよね?

いつも持ち込みの画像通りに仕上げれていますか?

  

サロンのコンセプトにより

持ち込みを断っているサロンさんもあるかもしれませんが

今日はありきで話を進めたいと思います。

メニューの記載の仕方

まず、持ち込みデザイン用のメニューの詳細にどんな内容を記載していますか?

付け放題120分

どんなアートもOK 

など記載していませんか?

もちろん、この記載は問題ないのですが

取り扱いのないパーツや特殊アート、キャラデザインなど、希望に添えないものは必ず記載すること。

また、デザインで不安な方や拘りのある方は事前に相談することを勧める記載を必ずしてください。

そのとき相談はどこからするかの導線もしっかり記載してくたさい。

私はLINEから画像送信ができると記載しています。

この記載があるだけで、お客様のご要望に答えられる確率が80パーセント以上上がります。

事前に相談の時点で

明らかに出来なさそうなデザインの場合はお断りしたらいいですし

代替え案で納得して頂けそうなら、そのままご来店して頂くだけでOKです。

ね、簡単。

 

ご来店されてから画像を見せられて出来ないパターン

できるデザイン、できないデザインはしっかり伝えます。

   

例えば

画像を指指しながら

   

  

“このデザインは同じようにできますがこの部分は申し訳ないのですが

当サロンに取り扱いのないパーツでして

代わりに似たパーツですとこのパーツ、もしくはこのパーツなら全体のイメージにも似合うかと思いますがどちらが宜しいですか?”

  

この時、代わりの提案は2つ用意してあくまでもお客様に選んでもらう形にします。

お客様の顔色を伺い、2つとも微妙そうならさらにまた違うデザインの提案をしながら希望を見つけるやり方です。

ここは、センスも出ますし相手の気持ちを汲み取らないといけないので、接客に慣れていない人は焦る部分になってきてしまうかもしれません。

  

でも、プロらしく堂々と提案しましょう。

  

上級テクニックになりますが

意外とテンション高めで 

  

”これとか似合いそうですけどね!”

”今日付けられてた指輪と合いそうですよ!”

など言い方を変えながら提案すると

プロが言うならそうかも。。と思ったりするものです。

  

  

アパレルショップで

似合うー!!と店員さんに乗せられて上げられてついつい買ってしまうあれ。

アゲアゲ接客

  

もしくは

悩んでるところにあと一押しされるとついつい買ってしまうあれ。

アゲアゲ接客

やってみてください。

   

   

きっと

「持ってきた画像よりめちゃ可愛い!!」

と言ってもらえたりしますよ。

   

  

トラブルをできるだけなくすために

初めてご来店された時にサイン頂く同意書に

『お客様のお爪の状態、長さ、形によりお選び頂いたサンプルと同じ仕上がりにならないこともごさいます。
他店画像持ち込みも可能ですが、使用のジェルや取り扱いしているパーツにより100%同じ仕上がりにはなりませんのでご了承ください。』

などの記載を入れておきましょう。

少しでもお客様とのトラブルをさける為に必要です。

  

私は持ってこられた画像よりも可愛く絶対してやる精神でいつもやっています。

何でも伝え方で変わります!!

やってやりましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました