写真を集める ネイルサロン独立開業までにすることリスト

正直、写真は1番に力を入れてほしいところになります。

  

良い写真かどうかで新規集客への影響が90%程変わってくると思ってください。

  

ちなみに10%は口コミ、紹介です。

  

集客の事前準備に用意して頂きたい写真が3種類あります。

  

①ネイル画像 50枚

ネイルチップ30,手元画像20くらいの割合が良いですが、ネイルチップの画像のみでもOKです。

  

②スタッフ画像 1枚

スタッフプロフィールに載せる写真なので1枚で大丈夫です。

  

③店内画像 10枚

店内の雰囲気が良く伝わる明るい写真でお願いします。

実際、クーポンサイトやホームページには1~2枚程しか使用しませんが

ブログやGoogleなどには、店内全体、席、サンプルの並んでいるところなど、細かく載せれるところには載せていきます。

  

外観写真はあまり使用する場面がないですが、もし撮れそうならこちらもブログなどに使えますので撮っておきましょう。

  

カメラはいいものを使う

冒頭でもお伝えしましたが、今から撮影する写真で集客できるかどうかが変わってきます。

  

スマホで撮影はせずにカメラを購入しましょう。

初期投資と思って、ここはケチらないのがおすすめです。

  

やはりカメラだと映りが断然違います。おすすめはマクロレンズで撮ることです。

どうしてもスマホの場合はiPhone10以上、galaxy S20以上。

  

で、必ず写真の加工で綺麗に修正してください。ここはカメラで撮影しても一緒です。

今は、無料でも写真加工が綺麗にできるアプリが沢山ありますので、加工しすぎず鮮明な画像に仕上げましょう。

  

  

ネイル画像の撮り方

基本的には2種類の撮り方があると思います。

  

引きで撮るかアップで撮るか。

ここはコンセプトによって撮り方が変わってきます。

  

  

例えば

①ケア重視、フォルム重視、アートの繊細さ重視の場合

  

アップでの撮影が望ましいです。

  

   

   

②全体的な世界感やお洒落さを出したい

引きの写真が望ましいです。

   

ただ、最初から②は集客するにあたっては難しいです。

  

理由は他の画像に埋もれてしまうから。

以下の画像を見て頂きたいのですが、ネイルのデザインを探す時ってこんな風にたくさん画像が並んでる中から見ていきませんか?
たくさん並んだ写真の中からあなたの写真を選んでもらうには他と差別化して目立たせることに重視しなくてはいけません。

①の方が小さい画像でも分かりやすいのです。

  

   

  

どうですか。アップの方が目がいきませんか。この中なら左下のピンクのネイルデザインが大きくて分かりやすく目を引きます。

  

  

ちなみにサンプルチップは左上から2番目のアップで背景が真っ白だと並んだ画像から見つけやすくないですか?

引きの写真でもパッと目を引く写真が撮れるのであれば良いですが、フォロワー0からの方は基本的には①をおすすめします。

  

  

  

良く

  

「世界観を出そう

  

「統一感を出そう」

   

  

とか言われますが

既にSNSなどでは世界観たっぷりのお洒落なデザインに溢れてしまっています。

   

いかに目立たせるか、を一番に考えた方がいいと思います。

最初は試行錯誤していくので統一感もなくても大丈夫です。

  

  

色々載せてInstagramのインサイトなどで分析して、どの写真が良く見られているかなど分析してそこから統一していくと自然にまとまってくると思います。

  

  

ネイルの技術と一緒で写真の撮り方も勉強してください。これも技術の一環です。

  

   

   

ちなみに私は写真教室に参加したことがあるのですが

  

教えてくれた先生も、

  

「手元の写真は難しい。」

「どの部分にピントを合わせるとデザインが生えるのか、手元が綺麗に映るのかは

正直毎日手元のことと向き合って考えているネイリストさんの方が良く知っている。」

  

と仰っていました。

   

  

誰が見るかを考えて撮りましょう。

  

  

正直、ネイルデザインを探しているお客様はかっこいい写真やお洒落な写真を求めていません。

自分のデザインの好みを探しています。

  

綺麗に統一した写真アルバムだとしてもネイリストの自己満にしかなりません。

かっこよく仕上げても見つけてもらわないと意味がありません。

  

まずは、見つけてもらう、目立たせることを考えて写真は撮っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました