ライバル店の情報収集方法

多分、サロンをオープンする地域なのであなたが良く知っている街ですよね?

知らない方は散歩しましょう。笑

まずは色んな探し方をしてください。

ネットで探すと何でも情報が見つかりますから。

クーポンサイトやネイルブックで検索

クーポンサイトだと地域で絞っていけると思いますので探しやすいかと思います。

クーポンサイトの市場価格に囚われてはいけませんが、そのクーポンサイトの市場価格やどんなクーポンがあるのか、写真の載せ方なども見ていきましょう。

Instagramで検索

ハッシュタグ 

#地域名ネイルサロン

などで検索してみてください。

Googleで検索

1番良く探すやり方は

地域名 ネイルサロン 🔍

で調べるのではないでしょうか。

もし、あなたの強みがあるなら

そこにもうひとつキーワードを入れて検索してみてください。

例えば

地域名 ネイルサロン ブライダル 🔍

地域名 ネイルサロン 自爪に優しい 🔍

地域名 プライベートネイルサロン 🔍

など。

どんなサロンがヒットするでしょうか。

あなたの目にとまったのはどんなサロンですか。

そのサロンはネットの情報のみで何であなたの目にとまったのでしょう。

掘り下げて考えてみてください。

例えば

サロンの雰囲気がわかりやすい。

→何で分かりやすいのか。→写真が充実していて見やすく分かりやすい。

分かりやすいと安心感に繋がる。

スタッフがいい人そう。

→何でいい人そうだと思うのか。→口コミがいい。スタッフのプロフィールが細かく載っているから。

来店前から担当のスタッフの想いや雰囲気が伝わると行ってみたくなる。口コミは沢山集めるべき。

など。

良いところは全部真似していきましょう

これめっちゃ大事で、自分が理想とするサロンを見つけておくと自分のサロンを作っていきやすいです。

なので、自分のサロンをオープンする地域だけではなく他の地域でもいいのでそういったサロンは持っておきましょう。

逆に競合がない地域はとっても有利!

ただ、その分ネイルをする人たちを開拓はしないといけないですが

ネイルサロンがないなら、マツエクサロンやヘアサロン、エステサロンなどもどのへんに何があるかくらいは知っておきたいところですよね。

私の友人で、とても田舎で辺鄙なところにエステサロンをオープンした人がいますが、地域密着型で成功しています。

気になるお店を見つけたらそこにお客様として行ってみよう

実際にサービスを受けることで見えてくるものが沢山あります。

例えば

最近だとコロナ対策、してるところとしてないところめちゃめちゃ差が出てきましたよね。

私も実際にサービスを受けに行った時目についたもの。

・ネイルライトにダストがめちゃかかってて衛生面が気になった

・デザインに迷ってても全然一緒に考えてくれない

・次回からの料金は一体いくらなんだろう?ご案内がなかった

・落としたものを拾ってそのあと消毒もしてなかった。

よかったことは

・デザインで私に似合わなさそうなデザインはハッキリNOと言って代替え案で色々提案してくれた

・ドリンクサービスの種類がたくさんあった。(コロナ前)

・インテリアや席の感じが統一されていて居心地がよかった。

・トイレが綺麗。

・担当スタッフと話が弾んで楽しい。

など、良くなかったことは気をつけてしないようにしよう

良かったことは真似できるところはしていこう

と単純に思いますよね。

見るべきポイントは

・ご来店時のお出迎え~席までのご案内

・店内、席の雰囲気

・スタッフの接客

・スタッフの技術(やり方や使用しているジェルも見れたら見てます)

・価格設定

・次回予約の促し方

・お見送り

ざっとかこんな感じですが1番見るところはやっぱりスタッフの接客ですね。

最初の挨拶から提案の仕方、ちょっとした気遣いや会話の内容など

見るところをあげ出すときりがないくらい見てます。

私が接客する側だったら絶対に嫌ですね。

ネイルに限らずヘアサロンやエステでいつも思うけど

早くて良かった!

て思ったことって1度もないんですよね。

(あ、まつエクだけは首が痛くなるから早く終わってほしいかも。。笑)

中には早くしてほしい、時間に追われている人もいるけど

やっぱり美容サロンに来ているからには早く終わってーと思ってる人って少ないと思うんです。

中にはあなたとのお話を毎月楽しみに来てくれている方もいるかもしれません。

もちろん、遅すぎるのは問題だし

早くて接客も仕上がりも満足だったら言うことなしですが

あまりスピードにとらわれて接客も技術も中途半端なのが1番NGですね。

極端に言うと、施術に3時間かかったとしても

丁寧に仕上げてくれてスタッフとの会話が楽しくてあっという間であれば問題ないと思っています。

ただ、時間単価が安くなってしまうのである程度スピードも大事ですが

ずっとやってたら早くもなってきますし、時間に余裕があってひとりひとりのお客様と向き合った接客ができることは

自身のサロンの1番良いところだと思うので、気持ちのこもった接客をしていたら大丈夫です。

どうですか。

自分のサロンのイメージ、形になりそうですか。

このあとは集客の為に打ち出していくので

ライバル店の接客以外にも

価格設定

写真

サロン紹介、スタッフ紹介の文言や見せ方

などもしっかり見ておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました